入れ歯だけは絶対に嫌でした【インプラント治療を終了された池田弘子様】

噛めない
見た目を回復したい方のための
かみあわせ専門歯科
吉本歯科医院の吉本彰夫です。

ikedaphoto2.jpg

人前で話すことがお仕事の池田様です。

まさか、ご自分の歯がこんなことになるなんて・・・と驚き

吉本歯科医院にご相談下さいました。

 

奥歯の被せものがフランスパンを食べている時に

ガリっという違和感とともに外れました。

 

奥歯がよく腫れたり

血が出たり

痛むなあとは思ってはいたのですが

日々の忙しさにかまけて歯医者さんは後回しにしていました。

それに、怖いし・・・。

 

 

しかし放置しているとだんだん奥歯がジーンと痛みだし

そのうちザクザクと脈打つような痛みに変わり

「あ、これはいけない!」と吉本歯科医院に駆け込みました。

 

 

案の定、被せものが外れた部分の中を見せて頂くと

金属がドロドロに溶けて真っ黒になっていました。

自分の歯の中身をこんなにまじまじと見たことはなかったので

驚きました。

過去に治療したところで、銀の詰め物を入れていた部分です。

どこで治療してもらったのかさえ覚えていないほど過去の話しです。

 

被せものが外れた部分と

その隣の歯までもが溶けた金属で一緒に腐っているようでした。

結局、奥歯2本を抜かなくてはいけない状態にまでなっていました。

 

悪くなっているんだろうな

とはうすうす感じてはいたのですが

どうしても怖くて1歩踏み出すことができませんでした。

 

奥歯2本を失った部分に

迷わずインプラントをお願いしました。

部分入れ歯は絶対に嫌でした。

 

周囲の方の話しをきいていても

部分入れ歯になった途端

顔が変わった、老けた

食事の味がしない

噛めない

痛い

ということをきいていたからです。

 

 

根っからの怖がりなので手術はとても怖かったのですが

鎮静麻酔をかけてもらって、気が付いたら

終わっていたという感じで、手術自体はまったく痛くもありませんでした。

 

奥歯にきれいな歯が入った今は

もとの自分の歯以上によく噛めています。

院長先生からは、「無理な力をかけないように」と注意されていますが

今は、歯のことを気にせずに毎日過ごせる幸せをかみしめています。

 

 

 

 

歯に関するご相談で具体的にどのようなお悩みでお越しになられているのかをご紹介しております。
噛めない
歯がグラグラする
ブリッジでつないでいた自分の歯も一緒にグラグラしてきた
食事がしずらい
おいしく食べられない
食べ物の味がしない
入れ歯が痛くて食べられない
見た目をどうにかしたい
マスクをしなくても外に出られるようになりたい
歯を抜いた後どうなるのか不安
歯周病が心配
歯を抜いた後入れ歯かインプラントか迷う

 

 

 

 

 

 

 

 

安心してお気軽にご相談下さい。

噛めない、マスクをしないと外出できない、入れ歯やブリッジで噛めないなどお口のことのお悩みございませんか?まずは安心してご相談下さいね。