ブリッジを外してやりかえなくてはいけないと言われた方へ

香川県高松市の

かみ合わせ専門歯科 吉本歯科医院 吉本彰夫です。

 

ご相談にお越し下さった

患者さんのお話です。

 

 
この方は
長年かかりつけの歯医者さんに通っておられました。
歯を失い
ブリッジ治療を行いました。
そのブリッジがグラグラしてきて噛めなくなり
ブリッジをいったん外してやり替えることになりました。
しかし
ブリッジを外す時に
ハンマーで叩かれたような頭蓋骨にくるような振動で
治療の途中で頭が痛くなりいったん中断してもらいました。
その後
頭痛がひどく
体調も思わしくなったため
仮の歯のまま放置状態です。
そもそもブリッジになったのは
「歯周病(歯槽膿漏)が進行したから」
と説明を受けていた記憶がありました。
歯周病だからきっと
私の口の中には菌がたくさんいるのだろう。
その菌が歯を溶かしたり歯茎を腐らせたりしているのだろう
と思い込んで、いました。
だからきっと歯周病がひどくなっているに
違いない、と思い
一度歯周病の専門の先生にきちんと診て欲しいと思われ
県外より吉本歯科医院にお越しになられました。
この方がずっとおっしゃっておられたことは
まだ若いのに
入れ歯になってしまうのか不安でしょうがない。
 
時間や費用はかかってもいいから
①見た目を良くしたい
②噛めるようになりたい
ということでした。
ブリッジというのは
ブリッジ(橋)のことです。
こんな風に歯を失った部分に
このように両隣の健康な歯を
削って橋げたを作り↑こんな風にかぶせる治療です。
健康な両隣の歯を大きく削ってしまわないといけない
ということが大きな短所です。
また、もう一人の方も
同じくブリッジ治療の途中
お悩みを抱えてお見えになりました。
左右奥歯部分に2ケ所ブリッジが入っており
ブリッジが痛くてたまらない
ということで歯医者さんに駆け込まれたそうです。
では一度ブリッジをやりかえしてみて
それでもダメなら次は入れ歯になります、とのことでした。
「ええ?入れ歯だけはイヤだな・・・」
と思いながら
不安なまま治療をすすめました。
しかし
いざブリッジを外してみたところその日から
噛めない
痛い

という状態になってしまい
これ以上治療を続けても大丈夫なのかというご不安で
夜も眠れなかったそうです。
ブリッジを外してみてダメだったとしたら
私は一体どうしたらいいのか?
もしブリッジダメだったら
入れ歯になってしまうのか?
この若さで入れ歯は避けたい。
ブリッジやりかえても
またあのブリッジを外して治療する時の
苦しみを味わうのかと思うと怖くてしょうがない。
治療をした後、いったい私の歯がどうなっていくのか
不安で怖くてしょうがない
ということでした。
どちらの方も
共通してあったことは
私の歯はこの先いったいどうなっていくのだろう?
というご不安です。
歯科の治療は
「さあ、いざ治療しましょう」
と治療がひとたびスタートしてしまうと実は
もう後戻りはできません。
前に進むしか、ないのです。
痛いから
噛めないから
元に戻しましょう
とはできないのです。
痛みが治まったからと、
途中で治療を中断してしまたったり
忙しいからと、仮の歯のままで何年も放置してあったり
すると、その後が本当に悲惨です
ブリッジも「やりかえしましょう」とひとたび
治療をスタートしてしまうと
ブリッジを一旦外さなくてはなりません。
外した段階で

噛めない(今まで噛めてたのに)

痛みが出る(今まで痛くなかったのに)

歯の神経がズキズキしはじめる(今まで痛くなかったのに)

といったことが
起こりはじめます。
お口の中は実は
絶妙なバランスを取っているんです。
その人なりの咬み合わせバランスでもって
全身を支えているんです。
ブリッジを長年入れておられた方は
ブリッジを入れた状態で
バランスを取るようになっていますので
一部はずしただけでもいきなり
違和感を感じはじめます。
治療がひとたびはじまってしまったら
もう後戻りはできません。
私たちの扱う歯科は、
患者さんご自身が
「口の中が一体どうなっているのか?」ということを
目で見ることができにくい部分を扱っているところです。
自分の目でどうなっているのか見えない
わからない
歯が痛いんだけれども、どこの歯が痛いのかも自分ではよくわからない
悪いところが一体どうなっているのかもわからない
それが、患者さんの率直なお気持ちです。
だから、歯医者さんにおまかせするしかない
というお気持ちもわかります。
痛みがあったり
痛みが引かなかったり
噛めない状態が続いていたり
する状態の時わたしたちは
不安になります。
納得する説明がないまま
痛みが続いたり
噛めない状態が続いたり
違和感がずっと続いたり
という時間が長くなればなるほど
人は、どんどん不安になります。
 

不安は、情報がないことから起こるんです。

 

私の歯は今いったいどんな状態になっていて
私の歯はどのような治療を受け
治療を受けた後は、どんな状態になるのか?
こういうことが
しっかりわかっていれば
人はそこまで不安にはなりません。
もし、このようなことで今、お悩みであれば
お気軽に無料メール相談にお送り下さい。
原因を知る、ことで
不安が消えることも、あることを知って頂きたいのです。

無料メール相談

香川県 高松市 吉本歯科医院 無料メール相談


吉本歯科医院では歯のお悩みごとを抱える方へ無料メール相談を行っております。

メールでのやりとりでお返事できる限りのことは、ご相談に応じております。

どうぞお気軽にご相談なさってくださいね。

http://www.8181118.com/contact/

メールでご予約

安心してお気軽にご相談下さい。

噛めない、マスクをしないと外出できない、入れ歯やブリッジで噛めないなどお口のことのお悩みございませんか?まずは安心してご相談下さいね。