レントゲン写真を見ると「歯の神経が生きているのか死んでいるのか?」の判断はつきますか?というご質問を大変多く頂きます。結論から言えばレントゲン写真だけでは歯の神経が生きているか死んでいるかの判断はつきません。歯の神経を取る治療をしており薬や人工物が入っている場合にはレントゲン写真に写りますが、黒く写っているとはいえ歯の神経が生きてるとは判断はつきません。レントゲン写真でわかることは硬い物が白く写り、柔らかいものが黒く写るということでしたよね?硬いものとは「骨」と「歯」です。骨と歯は硬いのでレントゲンには白く映るんです。柔らかいものはといえば歯肉や血管、神経や流れている血液です。

歯医者さんのレントゲン写真の見方|香川県高松市の吉本歯科医院

安心してお気軽にご相談下さい。

噛めない、マスクをしないと外出できない、入れ歯やブリッジで噛めないなどお口のことのお悩みございませんか?まずは安心してご相談下さいね。