歯医者さんのレントゲン写真の種類

それでは早速歯医者さんで撮影するレントゲン写真の種類をお話していきますね。歯医者さんで撮影するレントゲン写真は3つあります。

①デンタルレントゲン写真(奥歯なら奥歯だけ、最も小さい範囲のみを撮影するもの)

歯医者さんのレントゲン写真の見方|デンタルレントゲン写真

②パノラマレントゲン写真(歯だけでなく顎(あご)全体を撮影するもの。顎関節もうつります)

歯医者さんのレントゲン写真の見方|パノラマレントゲン写真

③CT(CTとはComputed Tomographyという英語の頭文字です。技術としては、X線検査の一種になります。レントゲンに高度なコンピュータを組み合わせて詳しく検査ができる機械と考えれば、わかりやすいと思います。X線管が、X線を出しながら体を一周し人体を輪切りにしたような断面画像や、立体的な画像を得ることができます。3次元的な立体画像で見ることができます。

歯医者さんのレントゲン写真の見方|CT画像の見方

①②③すべて「レントゲン写真」になります。撮影する範囲の大小や見え方に違いはありますがレントゲン写真の基本的な見方というのは実はどれも同じです。

安心してお気軽にご相談下さい。

噛めない、マスクをしないと外出できない、入れ歯やブリッジで噛めないなどお口のことのお悩みございませんか?まずは安心してご相談下さいね。